リアス・バイシャス沿岸へのエクスカーション 大西洋西部の入り江を巡り、遊覧船でムール貝の試食+ワイナリー見学

このエクスカーションでは、ポンテベドラ県の大西洋沿岸を訪れます。日本語で「リアス式海岸」という言葉の意味は語源がスペイン語のRíasつまり「入り江」という意味ですが、この辺りの海岸は入り江が深く、魚介類も豊富ですが、ムール貝などの養殖にも適した海岸です。ポンテベドラ県の海岸一帯は比較的温暖な気候で、夏には世界中から避暑に訪れる人たちで賑わいます。

訪れる場所は、ポンテベドラ県の県庁所在地ポンテベドラ市の美しい旧市街、小さい漁村コンバーロ、オ・グローベの港で遊覧船に乗りムール貝の養殖場のある湾を一周、有名人たちが集まるリゾート地ア・トーシャの島、そして、ガリシア産白ワイン「アルバリーニョ」で有名なカンバードスの町などです。

「リアスバイシャス」は、原産地の名前でもあり、この辺りには数多くのアルバリーニョの葡萄を栽培するワイナリーがあります。カンバードスの町では、ワイナリーでアルバリーニョの芳香高いワインをお楽しみ下さい。



「リアスバイシャスの入り江、遊覧船でムール貝の試食、ガリシア地方の漁村、ワイナリー見学」ガリシア州西部の大西洋岸を満喫するエクスカーション

行程:

ポンテベドラ市の旧市街Pontevedra、コンバーロの漁村Combarro, オ・グローベの港O Grove (遊覧船約1時間), アルバリーニョ・ワインの町カンバードスCambados、ワイナリー見学

プログラム:

このエクスカーションでは、ガリシア州ポンテベドラ県の海岸一帯リアスバイシャスを訪問。年間を通して比較的温暖なこの地域は、夏は世界中から避暑に訪れる人でにぎわう海岸がたくさんあります。

サンティアゴを出発し、最初のストップは、ポンテベドラ市の旧市街。ローマ時代から駐屯地として栄えていましたが、9世紀に発祥した聖ヤコブ信仰に基づくサンティアゴ巡礼の、ポルトガル・ルート上の重要な町でもあります。旧市街には18世紀に作られた「巡礼の姿の聖母」で有名なバロック様式の教会があります。

ポンテベドラの後は、コンバーロという小さな漁村へ向かいます。岩盤の上に作られたこの村には、石でできた十字架(村の辻にあり、悪い霊などを追い払う)や、「オレオ」と呼ばれる穀物倉庫がいくつもあります。この村の後は、ア・ランサーダという広い海岸の近くをドライブしながら、オ・グローべという小さい半島の中にある港まで行きます。

オ・グローベの半島は、そこで採れる貝類で有名です。ガリシア州ポンテベドラ県の海岸一帯で養殖されているムール貝は世界的に質の良いことで知られており、その他、ホタテ貝やカキも養殖されています。オ・グローベの港から、遊覧船に乗ります。アロウサの入り江を周り、ウジャ川の河口まで行きます。キリスト教伝説によると、聖ヤコブの遺骸を載せた船は、この川を上って、イリア・フラビア(現在のパドロン。サンティアゴから20キロほど)という村に辿り着いたということです。遊覧船では、この辺りで養殖されたムール貝の試食とアルバリーニョのワインがサービスされます。

昼食はフリーなので、遊覧船を降りた後、オ・グローベの港で休憩時間を1時間半ほど取ります。この辺りには数多くのレストランやバルがあるので、お好きな場所をお選び下さい。その後、アルバリーニョの葡萄で作られた白ワインで有名なカンバードスの町を訪ねます。小さいながら歴史的に由緒ある町で、17世紀にできたフェフィニャンスの広場や16世紀の聖ビエイト教会など周囲の建物は、当時の貴族の生活の様子を伝えています。

サンティアゴには19時頃到着します。

なお、訪れる場所の順番は、催行する季節や天候、交通状態などにより、変更されることもありますのでご了承下さい。

所用時間:

終日

観光バスの出発時間と乗り場:

9:00にガリシア広場(Plaza de Galicia)近くの通り「Calle Senra, 14番地のバス停」から出発

サンティアゴへの到着時間:

予定時刻は18:45-19:00ですが、交通渋滞などにより多少の遅延がある場合はご了承下さい。

料金:

1名様45ユーロ (巡礼証明書のある方には、40ユーロ)
子供:2歳までは無料
12歳までは50%の割引。
お子さんをお連れになる場合は、事前に「子供用のイス」があるかお尋ね下さい。

料金に含まれるもの:

専用車(参加人数によりマイクロあるいは大型)の終日使用
ガリシア州の観光ガイド(スペイン語および英語)
オ・グローベの港から遊覧船(ムール貝の試食とアルバリーニョのワイン付き。およそ1時間)
原産地リアスバイシャスのワイナリー見学(アルバリーニョ・ワインの試飲付き)

料金に含まれないもの:

昼食は含まれません。オ・グローベの港にはレストランやバルがいくつもあり、1時間半 ほどの休憩時間を取ります。

対象のお客様:

一般向け(ただし、車椅子使用や特別な配慮が必要な場合は、メールで事前にお問合せ下さい)

ガイドの言語:

スペイン人ガイドがスペイン語および英語で説明します。もし、日本語でのガイドをご希望の場合は、5人以上の場合は別途料金で実施可能です。メールでお問い合わせ下さい。

2016年の催行スケジュール:

7月から9月は、水曜日、金曜日、日曜日
10月:2日, 5日, 7日, 9日, 12日, 14日, 16日, 19日, 21日, 23日
12月:4日

催行最少人数:

1名から

催行最多人数:

特に制限はなし

エクスカーションで訪れる地域:

大西洋岸のリアスバイシャス一帯。遊覧船あり。

テーマ:

食文化とワイン

地域:

ガリシア州ポンテベドラ県

アルベルゲの運営管理者 / 私たちと一緒に働きませんか | © 著作権の保持 | 法的注意事項 | ウェブ作成会社グルポ・プロメディア